悩みを集めたブログ

悩みまとめその他

    カテゴリ: LGBT

    1: マジレスさん 2018/07/05(木) 20:05:54.96 ID:E67XFvfD
    FtM専用スレ

    ※原則、非当事者の書き込みはご遠慮ください(FtM以外の話題は総合スレへ)
    ※荒らしはNG登録してスルーしましょう
    >>950レスを越えたら新スレをお願いします

    前→ http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1526399488/

    GID総合→ http://rio2016.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1530770744/

    【【GID】性同一性障害 FtM part3 】の続きを読む

    昨今LGBTと呼ばれる人たちについて色々議論されている。

    「子供を作らないから生産性がない。守る必要はない」と言われたりしている。

    少子化が大きな問題であるから、それも一理ある。

    しかし、両親の男と女の役割が十分に機能していない家庭に育った人と男らしい父親、女らしい母親のもとに生まれた人とでは、やはり恋愛観や結婚観に違いが出てくるのは必然である。

    そして、兄弟の末っ子に多いとか遺伝的要素もある。

    また、同性愛者には、優れた才能に恵まれた人も多い。

    エルトン・ジョン、フレディー・マーキュリー、イブ・サンローラン・・・枚挙にいとまがない。

    2014年の歴史ドラマ映画「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」は、伝記「Alan Turing:The Eniguma」をもとに脚本が書かれ、主人公は、実在の人物である。

    映画の中には、同性愛者の苦悩と凡人でないが故の類まれなる才能が描かれている。

    この映画の中のナチスの暗号エニグマの解読装置が後のコンピューターの原型だそうである。

    もし、この人物が存在しなければ、どれくらいのアメリカ人がナチスに殺されていただろう。

    子供を作るのも生産性だろうが、今日人類が受けているコンピューターの恩恵と子供を生み出すこととの優劣は、そう簡単に言えることではない。

    子供は、環境によって、善にも悪にもなる。

    望む人に望まれて生まれてくるのが望ましいのではないか。

    三島由紀夫、レスリー・チャン、沖雅也は、同性愛者でなければ自死していなかったかもしれないと思うことがある。

    バブルを越える好景気といわれるこの格差社会で、恵まれた富裕層がLGBTや障害者など生きにくさを抱えている人を少しくらい守ってもいいのではないのか。

    素晴らしい芸術や発明が、ノーマルな人達の心を癒すことがあるかもしれない。

    このページのトップヘ